嚥下調整食

多くの施設で参考にされている「嚥下食ピラミッド」を京都府、滋賀県下での共通基準とし、退院、転院時の情報提供の際に、施設名称に対応した嚥下食ピラミッドL0-L5の表記を併記していただくようお願いします。

【 記載例】

  施設名称   連絡時の記載法 

 1)嚥下食A→ 嚥下食A (L3)             各施設の名称に共通基準に近い符号を付記する

 2)嚥下食3 → 嚥下食3 (L2とL3の間)    L2~L3の間に相当する時

 3)嚥下食3→ 嚥下食3 (L2~L3)     段階数が少なく、L2~L3に相当する時

 4)おまじり食→ おまじり食 (L3にL4から一品付加)独自の工夫をされている施設

ダウンロード
Downlord

摂食嚥下連絡票

しがの

食支援ハンドブック

平成27年度滋賀県介護予防交付金事業

近日公開

承認、支援団体

<学会・研究会> 

京滋NST研究会、滋賀県NSTネットワーク  

 <団体>  

京都府医師会、京都府歯科医師会、京都府栄養士会、京都府看護協会、

京都府言語聴覚士会、京都府歯科衛生士会、京都府介護支援専門員会、

京都府病院協会、京都府私立病院協会、京都府老人福祉施設協会、

京都府訪問看護ステーション 協議会、京都市老人福祉施設協会、

京都市在宅支援センター・地域包括支援センター協議会

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now